カイロプラクティックなび: ホーム

カイロプラクティックなびへようこそ

『カイロプラクティック』みなさんは、この言葉を耳にしたことがあるでしょうか?おそらく多くの人が、TVなどで耳にしたことがあることと思います。

カイロプラクティックは、1895年にアメリカのD.D.(ダニエル・デビッド)パーマーによって確立された『代替医学』の1つです。

アメリカを始め、各先進国では『西洋医学に告ぐ医療』として注目し、新たな医療分野として発展を遂げています。

アメリカでは、カイロプラクティックの職につくためには『大学』へ進学し、勉強する必要があります。大学の授業内容は『医学部』に相応するレベルで、非常に難しい学部でもあります。また『国家試験制度』をとっており、試験に合格しなければ、カイロプラクティックの職につくことはできません。

そんなカイロプラクティックですが、日本では、大学での学部も存在しない状況であり、国家試験の認定などもありません。『民間療法』の一環として、営業が行われている状況です。

いわば無資格で『カイロプラクティック』を開業している状況なのです。

しかしながらこれは『違法』ということではなく『マッサージ店』と同じようなものと言えることでしょう。

また日本では、古くから『按摩』と呼ばれる東洋医学に基づいた手法が根付いており『骨を鳴らす』イメージがあるカイロプラクティックは、体に負担をかけると考える人も少なくはありません。

現状の日本においてカイロプラクティックは『正規の制度』が整備されていないことから、正しい体制が整っているとは、いえない状況です。

また、とても有効な治療法であるにもかかわらず、正しい知識を有していない人が『カイロプラクティック』を開業していることにより、大きな誤解を生んでしまった状況となっています。

カイロプラクティックといえば『整体』の一種だと考えている人も多いことと思います。しかしカイロプラクティックは、整体とは全く違った治療法であり、体の痛みはなく、西洋医学より安全だということは、ほとんど知られていません。

このような状況の中、日本では『カイロプラクティック』に対し、正しい治療のあり方が確立されていないと言っても過言ではありません。

『カイロプラクティックなび』では、カイロプラクティックのあるべき姿をもとに、カイロプラクティックとは何か?という点から紹介していきたいと思います。